スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はなざかり

2006年04月22日 23:20

風ヤ.jpg


大阪 花博記念公園鶴見緑地

昨日の朝 2時間ほど散歩してきました

広い園内にはチューリップが満開に咲き誇っていますので見頃です

とくに風車前の花壇には赤、白、黄 のチューリップが色鮮やかで

芸術的な花の世界で風車をさらに引き立てている

桜、桃、木蓮、石楠花、春の花がいっぱい咲いていますので是非いらっしゃ~い!

入場は無料  咲くやこの花館は有料です


0101.01.jpg


写真はここからどうぞ
スポンサーサイト

医食同源

2006年04月22日 06:42

Beijing01.jpg


しばらく中国の北京(Beijing)へ出張してきました

行ったところは北京中心部より北東の市街地

相変わらず朝から夜遅くまでの仕事なので観光などひと時の時間も無し!

万里の長城、天安門、故宮博物院など見どころがいっぱいあるのに・・・輦

行った当日は黄砂がひどく天気は晴れなのに5キロ先も見えない灰色の世界

車も砂まみれになって汚れきっているような状態 これが数日続いていました

北京五輪も控えてか近代化を進めるなか 建設ラッシュが続いているので

乾燥土を掘り起こすから周辺は砂埃だらけ 行ったところがこんな環境でした


Beijing02.jpg


北京の市内交通は地下鉄、バス、タクシー、輪タク、自転車などがありますが

写真のバイタクが多く走っていました 安いので市民の足代わりになっています

外国人は高い料金を取られるので注意です!


Beijing03.jpg


日本の中華料理は日本人の舌に合わせた味付け

本場の中華料理は格別な味 また歴史があるだけに食材もメニューも豊富

北京料理、潮州料理、広東料理、四川料理、宮廷料理、庶民料理・・・・

私は庶民の行くレストランで食事をしていましたの高級料理は食べていません

しかし新鮮でからだに良い食材はどれもみんな美味しいですよ! 秊

最終日に食べたランチを紹介しましょう

上の写真は 

  揚げたライスに八宝菜をかけたもの

  牛肉、玉ねぎ、ピーマンの炒め物 味付けは塩と黒胡椒

  炒飯とリゾットを足して割ったようなもの少し薄味 これで一人前


Beijing04.jpg


  ダック?のささ身をラー油にたっぷりと浸して唐辛子とねぎとニンニクで飾っています

  これは美味しいけど口の中がヒリヒリします(ほどほどに!)


これ以外にあと2品ありました 3人でこれだけの量は食べ切れません

が中国の人は足らないと失礼なので余るほど注文するのが礼儀なのです

今回は食べ物で大満足! 元気、元気!! 仕事の疲れも忘れてしまいました ハハハ・・・

嵯峨狂言

2006年04月16日 12:13

041600.jpg


京都 清涼寺で嵯峨大念仏狂言が演じられていました

京都には三大狂言 壬生狂言、閻魔堂狂言、嵯峨狂言があり

いずれも大念仏に伴った乱行念仏が芸能化していったものです

嵯峨狂言は 国指定 重要無形民俗文化財 

仮面をつけた無言劇で鉦、太鼓、笛のはやしで演じられます

数多くある演目の中で今日は土蜘蛛を演じられていました



妙見の観桜

2006年04月13日 13:19

妙見桜01.jpg

大阪 交野市 といっても大阪人でさえ知らない人がいる大阪の北東の地

自然と文化の和む 星のまちです  大阪・京都・奈良の中間点

はるか昔の万葉集をはじめ多くの和歌に詠まれた交野の桜は交野八景の一つ

妙見の観桜は星田妙見宮の参道沿いにある妙見川の両側に

桜並木が約700メートル ソメイヨシノなど約300本が咲き誇ります

「大阪みどりの百選」にも選ばれており さくらだよりにも記載されるので

毎年多くの花見客が押し寄せてきます

今回は早朝に行ってきたので静かな桜並木を楽しませてもらった

交野には目立たないが自然と調和した桜がたくさんあります


妙見桜02.jpg


妙見桜03.jpg


妙見桜04.jpg


妙見桜05.jpg

きくまもり

2006年04月12日 12:39

41201.jpg


週の中日 ちょっと休息して お茶菓子でもいかがかな?

このお菓子 京都御所一般公開 特別限定販売

つまり春と秋の一般公開中にだけ特別販売されるので普段は手に入らない

京都御所御用 「俵屋吉富」の 貴久万毛利(きくまもり)というお菓子です

特別限定販売にはすぐ飛びついてしまう単純なひこぼしです 秊

化粧箱の菓子は御所を象徴する菊の紋を表現している

外側は最中(もなか)の表面に砂糖を固めたような味と食感

中には丹波大納言製小豆のつぶあんが入っていて

外はやや硬く中は柔らかく上品な甘さでお茶菓子にはぴったり!

私は甘党ではないけれど 和菓子の好きな方ならパクパクいきそう!

年に2回しか販売しないのはもったいないねえ

桜のトンネル背割堤

2006年04月10日 14:11

背割堤001.jpg


モクモクと雲が湧き出てきたのか? それとも大きなウエーブが押し寄せてきたのか?

そんな感じさえする 延々と続く桜並木

昨日の日曜日 天気は晴れ 午前7時過ぎにはもう現地到着 玲玲

ここは京都府八幡市の淀川河川公園「背割堤地区」

京阪八幡市駅から北へ徒歩10分 御幸橋を渡れば左側が背割堤


平安雅楽

2006年04月09日 08:34

御所001.jpg


京都御所では春の一般公開が4月5日~4月9日まで行われています

御車寄、紫宸殿、清涼殿、小御所、御池庭、御学問所など

平安・室町時代の建物の変遷がつぶさにみることができるほか

普段見ることが出来ない御所の内部を見学できます

今回のテーマは「宮中の調べ」ということですが ピンときません


御所002.jpg


満開の春

2006年04月08日 11:21

48-01.jpg


桜前線 今が見頃でピークを迎えたようです

この土日の休日には各地で桜をもとめてどっと人が溢れかえります

日本の春はやはり桜がお似合い

桜の花は日本人の「心のよりどころ」かもしれませんね


2006年04月05日 12:53

もも001.jpg


ちょっと一息ついて 桃の花でもいかがかな? 鍊秊鍊



梅でもなく桜でもなく「桃」なのです

でも梅と桜の狭間に咲くので 時として忘れられるのも寂しいものですね

バラ科  モモ属   原産地は中国黄河上流地帯

日本には弥生時代に渡ってきたといわれていますが自生していたとの説も

平安・鎌倉時代には水菓子といわれて珍重されていたそうです

桃の花の色そのものから 桃色 が生まれたとか

  花言葉
 
     「チャーミング」

     「私はあなたのとりこです」    


もも002.jpg


この写真は3/31に京都御苑の桃林で撮ったもので

梅や桜と違って温かみの感じる花です

桃は4月に受粉させて6月以降に甘い蜜を含んだ柔らかい実がたわわに実るのです

桃の産地は山梨、長野、福島、和歌山、岡山 などが有名


花を見ていてくだものの桃を思い出して食べたくなってくるのはくいしんぼうだからかな


もも003.jpg


もも004.jpg


もも005.jpg

出町柳

2006年04月02日 06:36

出町柳01.jpg


京都へは京阪電車を利用することが多く出町柳駅は利用頻度が高い 

ただいま出町柳西詰めで桜の木が3本すごく目立って咲いています



醍醐の花見

2006年04月01日 11:14

醍醐-001.jpg

京都伏見区 醍醐寺   地下鉄東西線  醍醐駅より徒歩13分 玲

醍醐寺には国宝や重要文化財が数多く世界文化遺産にも登録されている

秀吉の醍醐の花見は有名で4月の第2日曜日に 豊太閤花見行列が行われます

おそらくこの頃に見頃を迎えるでしょう




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。