スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子で一献

2006年02月28日 15:44

苔玉 梅.jpg

2月最後の日の夜 いただいた立派な苔玉の梅を眺めていたら

息子が帰ってきて「おやじ~ プレゼントや」といって手渡してくれたのが

極上の本格芋焼酎(さつまいも「黄金千貫」を使用した秘蔵原酒を長期間樽で貯蔵し熟成させた焼酎)

これを息子と二人でお湯割にして夜を語り合いました

といっても世間話や最近の息子の状況などごく普通の親子の会話なのだが

酒を酌み交わしながらの会話はたまにしかしないので親子の絆の深まりを感じさせられます

たまにはこんな飲み方もいいもんです

今夜は「やさしい梅」と「親子の酒」でこころのぬくもりをいただきました


焼酎.jpg 

京都 龍安寺のつくばいに彫られている 吾唯知足(ワレタダタルヲシル)

  「理想を追求し、試練に立ち向かうかたわら、あるがままの状況を受け入れて

   常に満足する心を忘れてはいけない・・・・・」


  「足ることを知る者は、身貧しいけれど心富む 得ることをむさぶる物は、身富めど心貧し」


つくばい.jpg 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/289-e8bd0cd3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。