FC2ブログ

瑞峯院

2005年08月24日 11:54

大徳寺01.jpg

大徳寺 瑞峯院

キリシタン大名として有名な大友宗麟公が
室町時代に創建した禅寺

方丈前の独坐庭は蓬莱山式庭園で
蓬莱山の山麓から半島になり
大海で打ち寄せる荒波にもまれながらも雄々と独坐している

大海原をイメージしてみているとこの庭はいっそう広く見えます

大徳寺03.jpg


方丈裏の閑眠庭はキリシタン大名らしく
中庭にあるキリシタン灯籠を中心に
七個の石組みのながれで十字架に組み込まれています

ごく普通に見ていた私は説明文を読んでから
なるほど と気がつきました

庭って石の組み合わせでいろいろと表現できるものですね


大徳寺02.jpg


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/373-16d0989a
    この記事へのトラックバック


    最新記事