スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の一大事

2005年07月03日 12:02

00.jpg


親父が桔梗を追っかけた後、息子が気胸を患った
洒落にもならない一大事。

昨日の夜、息子が高校時代の野球部同窓会があるといって出かけていった。

今日の未明午前二時前に息子の部屋から目覚まし時計がいきなり鳴って
私は目を覚めたのだが、息子はまだ帰っていないではないか!
頭がボーとした状態で起きていたら二時過ぎに今度は電話が鳴り響き
受話器の向こうから息子が今、救急車で運ばれてきましたと病院からの知らせ!

あわてて病院に向かって話を聞くと、カラオケ中に突然 胸の痛みと呼吸困難に
陥りそばにいた友達が救急車を呼んでくれたそうでした。感謝しています!

診断の結果、自然気胸であるとのこと。
体の中に胸郭があってそこに肺がすっぽりと収まっています
この肺に穴が開いて空気が胸郭に入り込みその圧力で肺がつぶれて
縮んでしまうそうです。

説明を聞いた後すぐさま胸郭にチューブを通して空気を抜く
処置をしていただいて肺は復活し始めましたが
空気はすぐには抜けないのでしばらくのあいだチューブを入れたままの
入院生活が始まってしまいました。

しばらくの入院で快復するそうなので一安心です、
しかし息子は数日間 痛みに絶えなければなりません。

今日一日は 気分が重い状態で終わってしまいました
でも、大事に至らなくてやれやれです。

不慮の事故、疾病はいつ起こるかわかりません
気をつけましょうと言っても起こる時には起こります、
冷静な判断と行動ができるようにはしたいものです。








スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/396-f05f00dc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。