FC2ブログ

自助具

2005年05月07日 12:48

作業療法の実習に行っている息子が急に帰ってくるというので
訳を聞くと実習先の病院で自助具製作の課題を与えられ
提出しなければならないとのこと。

そこで材料も工具も必要なことからおやじヘルプたのむ
ということで、こちらも物づくりが好きなものですから
二人で共同製作をすることに。

課題はテキストがあってそのなかから選んで決めるのだが
息子は今担当させてもらっている患者さんの意見を聞いて
台付きツメ切りに決めたそうです。

作品は病院に提出するのだが患者さんの要望もあって
病院側と話をした結果、患者さんに使ってもらうことに
決まったそうで二人で責任を感じて作ることに。


ゥ助具-1.jpg


(自助具)
 人の身体的機能は思わぬ病気や事故あるいは加齢により
 変化します、その変化から起こる困難を少しでも軽減する
 用具が福祉用具です。

 「体の不自由」さから考えられた「自立を助ける道具」が
 ”自助具”です、使う人の目的と機能に合った自助具が
 必要となるのです。


(台付きツメ切り)
 主な適応・疾患・対象者
  慢性関節リュウマチ・頚椎損傷・脳卒中などによる片麻痺
  ただし患側上肢のコントロールのよい人でツメ切りがもてない人。

(使い方)
 テーブルの上に台付きのツメ切りを置き麻痺した方の
 手や腕・肘で麻痺していない方のツメを切る。


ゥ助具-2.jpg

 さて二人で材料(アクリル・ツメ切り・ねじ一式)を買いにいざホームセンターへ、
 構造はいたってシンプルだけれどツメ切りに穴を開けるのに一苦労
 ステンレスは硬いのでそれを避けて買ったのだけれども硬質の鋼材
 のためドリルで四苦八苦・・・これがほんとうの歯が立たないということか?
 アクリルはホットプレートで簡単に曲がります。

 完成後の実証は息子が自分でやると言って
 弱い力でも切れることを確認してほっとひと安心。

 さてさて 患者さんに喜んでもらえるかな?

 リハビリは身体だけでなく心のケアも大切だとのことです!


 福祉にたずさわって働いておられる方、いつもお疲れ様です。
 ストレスをためないように 自分のケアもしてくださいよ。
  
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/427-9ae1b0c1
    この記事へのトラックバック


    最新記事