スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かなる雪の法然院

2009年01月14日 20:28

yukigesiki01.jpg


京都市左京区  鹿ヶ谷      法然院

薄っすら雪化粧した山門は静寂の中で

ひっそりと佇んでいる感じでした

ここもし~んと静まりかえっていました



yukigesiki02.jpg


白い盛り砂の白砂壇も雪を被れば寿の文字もくっきりと浮かび上がっています

かまぼこのようだなんて言わないでくださいよ・・・・・・・

両側に水を表す白砂壇がありこの間を通ることによって

心身を清めて浄域に入ることを意味するそうです


yukigesiki03.jpg


yukigesiki04.jpg


yukigesiki05.jpg


山茶花の咲く花の下 鴨が朝の散歩で悠々と泳いでいる 哲学の道でした


yukigesiki06.jpg


散紅葉で風情のある安楽寺  雪化粧も格別です
スポンサーサイト


コメント

  1. kazu | URL | -

    こんばんは~!

    きれいですね~!

    2番目の写真、
    砂糖菓子のよう、
    おいしそうです。
    そんな気持ちで見たら、
    すべて、砂糖が振りかけられているように
    見えてきました(笑)

  2. No title

    kazu さん

    ちょうどほどよい雪の量ですから
    ついつい食べ物に見えてしまいますね(笑)
    ここも誰も来なかったので独占していました
    早起きは三文の徳ですね。

  3. かたちゃん | URL | WNm9OYj6

    美味しそう

    哲学の道は大体秋に行きます。
    その時は必ず、法然院に寄りますが、
    いつもカエデの葉っぱの模様です。
    お正月は寿なんですか。
    すごくめでたくて、縁起が良いですね。
    確かにかまぼこに見えますよね。
    でも、ほんのり雪化粧で、文字が浮かび上がって素敵です。

  4. No title

    かたちゃんさん

    白砂壇は四季折々に模様替えされますね
    これも楽しみのひとつです
    薄っすらと積もっていただけに
    文字がくっきりと浮かび上がっていました
    この感じも良かったですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/495-ef824f39
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。