スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染まりゆく愛宕の羅漢さん

2010年11月14日 10:41

愛宕ys01


京都市右京区嵯峨鳥居本深町  愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

一般参拝者によって彫られた千二百羅漢さんも

木々が染まるにつれてさらに微笑ましくなっていました

愛宕ys02


昨日の天気予報は晴れ

しかし、しかし 一日中曇天でした 黄砂の影響で霞んでいる・・・・とほほ

昨年 この場所に行きたかったのですが

体調を壊して二か月半の休職に陥ってしまった

なので今秋の紅葉の一番手はここに決めていたのです


愛宕ys03


薄曇りで弱い光が射す天候だけれど

これもまた趣があっていい感じかもしれません・・・・プラス思考で自己満足・・・わはは

これでも午前中なのです ちょっと暗いやないか!


愛宕ys04


愛宕ys05


愛宕ys06


愛宕ys07


愛宕ys08


これから「かんさい浪漫」はしばらく紅葉シリーズで染めていきます
スポンサーサイト


コメント

  1. yuunee | URL | 1Nt04ABk

    Re: 染まりゆく愛宕の羅漢さん

    京都の紅葉もそろそろ見頃でしょうかね。
    私は友人の時間待ちで、又湖東三山へ行こうかと思っています。
    遠方から出かけた時、タイミング悪いと悔しいですから、
    あちこちの情報をえて行きたいです。
    ここの羅漢さん、昔一度行ったところかな-。
    も一度確認に出かけなくちゃね。
    紅葉シリーズ、どんどん進めてね。v-410

  2. 小町 | URL | -

    わー、すごい!

    私は11日に訪れましたが、たった2日で更に色付きが進んだようですね。
    素晴らしいお写真ばかりで、うっとり^^しました。
    紅葉を数枚受けた羅漢さんのお写真が、一番印象に残りました。

  3. よりりん | URL | X.Av9vec

    Re: 染まりゆく愛宕の羅漢さん

    いいですね~
    静かな紅葉・・・
    私も、去年、ここまでいけなかったので今年こそと思っていましたが、余計にいけなくなってしまいました・・・トホホ。
    昨日は、ホンマに黄砂すごかったですね。

  4. ひこぼし | URL | -

    Re: 染まりゆく愛宕の羅漢さん

    yuuneeさんへ

    京都は見頃のところはまだ少ないようです
    一部見頃ってところでしょうかね
    やはり来週あたりがきれいかも
    見頃で天気が良ければ再興の紅葉狩になるでしょうね。

  5. ひこぼし | URL | -

    Re: 染まりゆく愛宕の羅漢さん

    小町さんへ

    TBありがとうございます
    紅葉も色付き始めたら早いようですね
    ユニークな顔の羅漢さんが多いのでほっこりします
    まだ紅くならないうちに落葉するのもあって もったいない気分
    羅漢さんに紅葉誰かが置いたのか、自然落下なのかよくわかりませんが
    他にも数体にありました 絵になりますよね。

  6. ひこぼし | URL | -

    Re: 染まりゆく愛宕の羅漢さん

    よりりんさんへ

    黄砂はひどかったです
    山が霞んでいましたからね
    ここもあと数日で見頃となるでしょう
    訪れる人は少ないので
    静かに紅葉を愛でることができます
    境内はそれほど広くないので
    奥嵯峨コースをセットにすればいいでしょうね。

  7. 小町 | URL | -

    再び失礼します

    TB有難うございました。
    今週~来週、紅葉が本格化しますね。
    ひこぼしさんのお写真を楽しみにしています。

  8. ひこぼし | URL | -

    Re: 染まりゆく愛宕の羅漢さん

    小町さんへ

    各所で見頃となってきたようですね
    あわてず騒がずといきたいところですが
    まずは行き場所を思案中です
    祈るは天気なり・・・・
    小町さんも晩秋の秋を楽しんでくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/671-08e9930f
この記事へのトラックバック

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

愛宕念仏寺の紅葉も、染まり始めました。 ご覧のように、まだ緑が多く残っています。 右に見えるのは「三宝の鐘」。 仏法僧の三鐘とし、その音律によって仏の心を自然界に伝えています。 ここの...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。