スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝筐院にて

2010年12月07日 22:10

DSChh01.jpg


清凉寺すぐそばに宝筐院(ほうきょういん)があります

紅葉のピークが過ぎ 境内は散紅葉で敷き詰められていました
DSChh02.jpg


本堂から眺める庭は初冬の庭園が映し出されています

誰もいない広間は気持ちいいものです


DSChh03.jpg


DSChh04.jpg


DSChh05.jpg


回遊式庭園はまだ紅く染まっております


DSChh06.jpg


DSChh07.jpg


由緒ある京都の寺の庭園でこんなのが置いてある・・・・意味が分からん


DSChh08.jpg


DSChh09.jpg
スポンサーサイト


コメント

  1. 小町 | URL | -

    Re: 宝筐院にて

    確かにあの白いオブジェは・・・???

    宝筐院は、11月のシーズン中はすごい人で
    ゆっくり見られませんが
    人のいない初冬の宝筐院は良いですね。
    ゆっくりできそうですし、散り紅葉も綺麗です。

    ひこぼしさん、贅沢な時間を過ごされたようです^^イイナー

  2. ひこぼし | URL | -

    Re: 宝筐院にて

    小町さんへ

    11月は人が多いのでしたか
    私はここへは初冬の頃ばかりです
    結構人は少なかったですよ
    白いオブジェは何なのでしょうね 
    違和感がありました。

  3. かたちゃん | URL | WNm9OYj6

    Re: 宝筐院にて

    素敵なお庭ですねえ。
    こういう雰囲気は奈良にはないなあと思います。
    厭離庵も清凉寺も行った事がありますが、こちらはないので、
    機会があれば行きたいですね。

    確かに、厭離庵はエイリアンじゃないですね!

  4. ひこぼし | URL | -

    Re: 宝筐院にて

    かたちゃんさんへ

    散紅葉の頃
    厭離庵や宝筐院は嵯峨野にしては
    訪れる人も少なくていい雰囲気ですよ
    奈良と京都それぞれに見どころがありますね
    厭離庵は難しい感じは間違いやすいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiko4416.blog77.fc2.com/tb.php/693-23ea26da
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。